山本勝之助商店 棕櫚(しゅろ)ほうき 4玉荒神箒 - トサカ中


<工房説明>
明治13年に創業。「かねいち」の商号で親しまれ、創業者、山本勝之助の志を今も引き継ぎ、棕櫚箒(しゅろほうき)や山椒(さんしょう)などの薬種材料等の紀州特産の山産物の製造、販売しています。
山本勝之助商店は「とにかく頑丈で使いやすい箒をお求め安い価格で提供すること」にこだわっています。『手廻しせねば雨が降る』。創業者 山本勝之助氏の金言にこんな言葉があります。『商いを行う者は、常日頃から仕事の段取りを整えて不測の事態に備え、相手に対して迷惑と不信を招かないことが商業道徳上の最大責務である』という意味で、その精神は今も受け継がれています。

<商品説明>
かつて竈(かまど)周りを掃く箒を竈の神・荒神様より名をとって荒神箒と呼んでおり、そこから小箒を総称して荒神箒というようになりました。テーブルのパン屑、棚の上の埃など小さなスペースの掃除に適しています。箒はもちろん、電気を使わず狭い場所のほこりのはきだしも楽々でき、さらに電気を使わないため環境にも優しい生活工芸品です。

【サイズ】長さ/27cm前後

カテゴリーから探す

シーンから探す

産地で探す

工房から探す