土楽窯 ちりれんげアメ釉 土楽窯の土鍋


<工房紹介>
土楽窯は三重県伊賀の里に七代続く伊賀焼の窯元。
現在では伊賀の窯も機械化が進み、機械で量産する土鍋も増えていますが、
「土楽」では、職人さんがろくろを回し、時間をかけて、手びねりでつくっています。
機械で作るかたちが均一な土鍋と違い、ひとつひとつゆがみや焼き色が違って、
似ているけれど、他とは違う「一点もの」の土鍋ができあがります。
"食べるための器"として作られた土楽の土鍋は、
大らかでありながら、美しいデザインのため、食卓にもそのまま出せるほどです。

<商品説明>
土鍋やアメ釉椀などに合わせてご利用いただける「ちりれんげアメ釉」。
受け皿も付属されていますので食事の時にレンゲが邪魔になりません。
食材を選ばない優しいフォルムは、多彩なシーンで食卓を演出いたします。

<注意事項>
・職人によって製造されています。サイズや形状に若干の個体差があります。
・表面に小さなへこみやが穴が見られる場合がございますが、製造工程上やむを得ないことでございますので、
返品・交換は承れません。ご使用上問題ございませんので、ご安心ください。
・時期により砂の性質が異なるため、表面の質感にはばらつきがあります。

【サイズ】受け皿直径:約9.5cm、高さ:約6.5cm

カテゴリーから探す

シーンから探す

産地で探す

工房から探す